お父さんもおいしい!「とび食」土曜版|とびっきり!しずおか 土曜版|番組|静岡朝日テレビ
  • 情報局土曜版
  • 週刊事件簿
  • お父さんもおいしい!「とび食」土曜版
  • 気ままに女子旅
  • プレスリリース
  • ぷらすな生活
  • 市場調査部
  • 泰平のラーメン刑事
  • 土曜特集

お父さんもおいしい!「とび食」土曜版

とびっきり食堂が、土曜テイストで登場します。
平日は忙しくて「とび食」を見られない“お父さん”たちも
楽しんでご覧いただけるコーナーです。
お酒と一緒に食べたくなるような静岡の逸品もご紹介します。

お父さんもおいしい!「とび食」土曜版 - SunSetTV(サンセットTV)| 静岡朝日テレビ

最新オンエア店舗紹介!

掲載している情報は、放送当日のものです。営業時間、価格等掲載内容は変更されている場合があります。
また、消費税率の変更により、価格が掲載内容と異なる場合があります。ご利用前にお店・施設にご確認ください。

2019年10月26日放送 博多もつ鍋 味ゑもん

料理

2019年1月オープン! 博多もつ鍋の専門店

野菜にもこだわりを持つオーナーが、野菜のうま味を味わえる鍋は何かを考えたところ、『もつ』に着目したそうです。

『博多もつ鍋 醤油』(1人前1749円・写真は2人前)
福岡県から取り寄せた濃口と薄口のしょうゆを独自にブレンドした本場の博多もつ鍋です。
野菜はキャベツとニラ。
その野菜ともつから出るうまみを味わってほしいとオーナーは語っています。
醤油の他に味噌味もあります。
もつ鍋のシメにはぜひ『ちゃんぽん』(429円)はいかがでしょう。
本場の博多では、鍋のシメはちゃんぽんが定番です。

もつ鍋の他にも『肉刺し盛り合わせ』(1749円)や『秋ナスとシシトウの揚げびたし』(649円)など、お酒のつまみにピッタリの料理もあります。

カテゴリー 鍋もの 居酒屋
エリア 中部
住所 静岡市葵区呉服町2-6-6 明新館ビル1F
電話番号 054-292-7395
定休日 日曜日(不定休)
営業時間 17:00-23:00 (L.O.22:00)

2019年10月26日放送 小盤 SOBAN

料理

韓国人の女性が作る韓国家庭料理の店

2019年5月にオープンした『小盤 SOBAN』は、韓国人の女性が経営する韓国家庭料理が楽しめるお店です。
日本が大好きというオーナーは、子どもの頃から日本語を勉強し2013年に来日。念願のお店をオープンさせました。

ランチメニューでおすすめは『チャプチェ』(990円)
前日からしょうゆにつけた春雨は、しっかりと味が付いているのでご飯にもピッタリ。
さらに昼も夜も出している『プゴ(干しタラ)スープ定食』(1210円)もおすすめです。
タラのだしがきいたスープは絶品! 韓国では定番のメニューです。

他にも『ジャガイモチヂミ』(880円)や『海鮮チーズトッポギ』(1100円)や、デザートにピッタリの『ホットク』(385円)など、本場の韓国料理が楽しめます。

駐車場が狭いので、車で行く方はできるだけ乗りあわせて行ってください。

カテゴリー その他
エリア 中部
住所 藤枝市小石川町4-10-1 1F
電話番号 054-625-8534
定休日 月曜日
営業時間 11:00-15:00 (L.O.14:30)
17:00-21:00 (L.O.20:30)

2019年10月19日放送 エイトコーヒー

料理

居心地の良い「喫茶店」

「カフェではなく喫茶店」だと店主は語る。エイトコーヒーは、駅前に、安心してくつろげる居場所を提供する目的ももって、焼津駅前に今年5月オープンした。コーヒーはガツンとしたクラシカルな味わいのトアルコトラジャ。フードは昭和の喫茶店を彷彿とさせるような懐かしい雰囲気のものを多くそろえ、その上で、素材にこだわり手間暇かけた料理。

モーニングは300円台からあるのもうれしい。

人気は、「牛筋ミートカレー 680円」+250円でサラダドリンク付きにできる。

ほかに、昭和の香り漂う「鉄板ナポリタン 680円」。モーニングでは、地元素材を生かした「こだわりトーストセット“しらすバター”740円(サラダ・コーヒー付き)」デザートは、ハードなプリンに苦み走ったカラメルを絡めた「こだわり玉子のプリン 500円(単品)」を一度ご賞味いただきたい。

カテゴリー 洋食 その他
エリア 中部
住所 焼津市栄町1-2-10
電話番号 054-620-8668
定休日 水曜日
営業時間 7:00~18:00

2019年10月19日放送 ばなふりら

料理

新潟の郷土ランチを提供する甘味処

店名の「ばなふりら」とは、店主が好きな歌からとった、夢が叶う呪文だという。

今年1月、JR片浜駅近くの住宅街にオープンした甘味処。和のテイストを重視したお店の中で、庭を眺めながら、静かな環境で甘味をいただくのは、とても贅沢な時間。豆腐を使った滑らかな白玉の、「白玉あんみつ 715円」は、安定の人気メニュー。寒くなってくる、これからの季節には、丁寧に炊いたたっぷりのつぶあんを使った「田舎しるこ 660円」がおすすめ。店主ゆかりの、新潟の老舗の餅屋から取り寄せた、希少なモチ米「こがねもち」100%で作る餅が、あんことよく絡む。また、新潟出身の店主が、是非沼津で紹介したかったという「のっぺ」をメインにした「新潟ランチ 1100円」は、のっぺのほかに、栃尾の油揚げ、車麩と打ち豆の味噌汁など、郷土色たっぷり。土日祝日もランチあり。限定15食だが、電話を入れておけば、お取り置きもしてくれる。

カテゴリー 和食 デザート
エリア 東部
住所 沼津市松長168-11
電話番号 055-968-5268
定休日 火曜日・第4水曜日
営業時間 11:00〜17:00(L.O16:30)

2019年10月5日放送 お抹茶こんどうの食堂

料理

とろろとお茶を落ち着いて楽しめるお店

今年6月、静岡市・津島町から移転リニューアルオープンしたお食事処。素朴がテーマのお店です。オススメは、「自然薯とろろ汁の昼定食(1650円)※写真」静岡産の自然薯で作るとろろ汁に一品、ごはん、小鉢、小皿、漬け物がセットになった定食です。とろろは、味は薄味ですが、粘り気抜群!一品メニューは、選べますが、生姜焼きがイチオシ!

カテゴリー 和食
エリア 中部
住所 静岡市葵区常磐町2-4-5 エンブルコート常磐1F
電話番号 090-8130-1274
定休日 木曜、第3水曜
※祝日は営業
営業時間 11:30-14:30 L.O.14:00
18:00-22:30 L.O.22:00

2019年10月5日放送 MOUMOUバル

料理

生クリーム専門店MouMouCafeの姉妹店

今年5月にオープンした生クリーム&チーズを使ったレストランダイニング。生クリーム専門店「MouMouCafe」の姉妹店です。ユニークなメニューは「白いキーマカレー(土日祝1500円)※写真」自家製のキーマカレーに特製のチーズソースをかけていただきます。スパイシーな味わいがまろやかテイストに!他にもシカゴピザやチーズティーもオススメです。

カテゴリー 洋食 居酒屋
エリア 中部
住所 静岡市葵区呉服町2-4-2サンシャイン呉服町1F
電話番号 054-251-0010
定休日 火曜
営業時間 11:30-15:00 L.O.14:30
17:00-23:30
フードL.O.22:30
ドリンクL.O.23:00
※土日祝は11:30-23:30

2019年9月21日放送 港湾食堂

料理

袖師第1ふ頭 港湾関係者御用達食堂

袖師第1ふ頭入り口には「関係者以外立ち入り禁止」の看板がある。そのおかげで迷ってしまうが、少し中に入ると左側に「清水港湾労働者福祉センター」という施設があり、そこまでは一般の人の立ち入りが許容されている。その1階に港湾食堂がある。主な利用者は、港で働く人、または、港に出入りする運送などに従事する人。しかし、一般の人も大歓迎の食堂で、ワンコインメニューがとても充実している。一部を紹介すると、6種類ぐらいの肉・魚・野菜のバランスがとれたおかずにご飯とみそ汁がついた「日替わり定食」

厚みのあるとんかつを使った「肉厚カツ丼」 豆板醤とニンニクが効いた「スタミナ焼き肉丼」卵を鉄板に敷いてその上に焼きそばを盛り付ける「鉄板ソース焼きそば」

丼や焼きそばにはすべてみそ汁がつく。それ以外にもそばなどは300円からあり、おにぎりなどもラインナップされる。入りにくい雰囲気はあるが、駐車場も広く、昼時にはサラリーマンや家族連れなども訪れるという。2019年10月の増税以降も、ワンコインを継続してくれるのもありがたい。

カテゴリー 定食屋
エリア 中部
住所 静岡市清水区横砂408-13
電話番号 055-363-0125
定休日 日祝祭日・年末年始
営業時間 7:00~14:00

2019年9月17日放送 あけぼの食堂

料理

約70年に渡ってトラックドライバーに愛される定食屋

愛知県側から国道42号を使って静岡県に入ると、潮見坂という坂を下る。その途中に、一軒の定食屋がある。創業昭和28年。トラックドライバーを始め、地元の漁師、サラリーマンに愛されてきた老舗の定食屋。

土地柄もあり、魚介類は鮮度の高いものが手に入る。取材時には御前崎のカツオが入り、カツオの刺身がおすすめメニューになっていた。定食の形で1200円。大人気なのはサバ定食1150円。北の海でとれたものを選び、脂ののった身を塩焼きでいただく。ご飯との相性がばっちり。肉系では、地元の浜名湖とこ豚ポークを使ったホルモン焼定食850円が人気。自家製の、やや甘めのタレに漬けこんだホルモンが食欲を煽る。隠れた人気メニューが「あさりの貝汁 200円」かつては浜名湖のアサリを使っていたが、近年の不漁で、泣く泣く他の産地のものに変更。それでも人気は根強く、現在でも貝汁を目的にオーダーする人が多い。

大型トレーラーが数台止められるトラック専用駐車場もあり、ここでの仮眠もOK.。シャワールームのレンタルもあり、トラックドライバーにとってのオアシス的な存在。

カテゴリー 定食屋
エリア 西部
住所 湖西市白須賀855−1
電話番号 053-579-0200
定休日 水曜日
営業時間 10:00~20:30(日曜日19:30)

ページトップへ