ぶらチャリ|とびっきり!しずおか|番組|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 番組 > とびっきり!しずおか > ぶらチャリ > 2019年2月 > 森三中・黒沢かずこ ~清水区・桜橋駅から自転車旅~

ぶらチャリ

ぶらチャリ 毎週火曜放送

人気芸人が静岡の町を自由気ままにチャリでぶらぶら

  • ■インデックスに掲出するテキスト
    今回は、清水名物と
    あの人気キャラのコラボに黒沢さん大感激!
    さらに、冬ぽっかぽか♪
    身も心もシビレる絶品丼が登場!
  • ■他ページに掲出する画像

掲載している情報は、放送当日のものです。営業時間、価格等掲載内容は変更されている場合があります。
また、消費税率の変更により、価格が掲載内容と異なる場合があります。ご利用前にお店・施設にご確認ください。

2019年2月1日紹介森三中・黒沢かずこ ~清水区・桜橋駅から自転車旅~

静鉄 桜橋駅からスタート!

▷静岡市清水区・静岡鉄道の桜橋駅から
 ぶらチャリスタート!
 今回は晴れた上に富士山が!!
 なにか良いことありそうです♪

300年以上守り続ける
  偉人たちも愛した静岡銘菓

追分羊かん本店
―――――――――――――――――――
▷元禄8年(1695年)から320数年、
 15代続く超老舗の和菓子屋。
―――――――――――――――――――
《詳細》
 ・住所》静岡市清水区追分2-13-21
 ・電話》054ー366ー3257

☆「昔ながらの追分羊かん
       ちびまる子ちゃん

☆「きざみ栗入り追分羊かん
      ちびまる子ちゃん

            (各1134円)
---------------------------------------------
▷栗入りのパッケージには
 友蔵おじいちゃんとまるちゃんが
 散歩している絵が描かれています。
 追分羊かんが好きな“さくらももこ”先生
 自らデザインなさったんですって!
 まるちゃんの手にはしかっりと
 追分羊かんがっ🎵

▷静岡を代表する銘菓の追分羊かんは
 素朴な竹包みの蒸し羊かんのこと!
 小豆と竹の香りの風味が甘さに溶けて
 あっさりとした舌触りと
 餡たっぷりのもちもちとした食感が特徴。
 栗もたっぷり入っていて食べ応え十分🎵
 (※写真は栗羊かん)

▷店内にあるお座敷へお邪魔すると
 立派なお庭がありました。
 なんと!徳川慶喜公が眺めた
 とても由緒あるお庭だったんです!
 しかも…

▷黒沢さんが座っている場所
 実は、徳川慶喜公が店を訪れた際
 お茶を飲むために座られた場所と
 同じところなんです!当時と同じ状況で
 お茶をいただいていた黒沢さん。
 貴重の体験しちゃいましたね。

ノスタルジーの宝庫
  ユニーク店主と昭和アイテム

種石商店
―――――――――――――――――――
▷大正4年創業!104年続く
 昭和を感じる、懐かし商品を扱うお店
―――――――――――――――――――
《詳細》
 ・住所》静岡市清水区入江3-8-9
 ・電話》054-366-0018

☆「ハタキ(300円)
----------------------------------------------------
▷高いところに溜まったほこりを払う道具。
 懐かしむ黒沢さん、おもむろに店内を
 パタパタとお掃除し始めちゃいしました。

▷ほかにも気になる商品がズラリ!
 昔懐かしい道具たちは
 見ているだけで温かい気持ちに
 なりますね。ご主人曰く、
 冥界に通じる電話もあるとかないとか…

辛いけど旨い!
    超刺激的な絶品丼

麻辣亭(まーらーてい)
―――――――――――――――――――
▷ホテルなどで腕を磨いたご主人が
 2016年にオープンした中華料理店。
 ウリは花椒を使った"シビカラ"な料理!
―――――――――――――――――――
《詳細》
 ・住所》静岡市清水区港南町1-8
 ・電話》電話:054-374-2466

▷ご主人におすすめを聞いてみると
 あまり一般向けではないけど、
 とある丼があるそうで…
 想像がつかなかったので
 とりあえず注文してみました!

☆「麻辣丼(スープ付/700円)
-------------------------------------------------------
▷見た目と香りで食欲増進の看板メニュー。
 山椒がたーっぷりのった、
 今流行のレシピ系麻婆丼!!
 豆腐もたっぷりなのでボリュームにも
 大満足の逸品です。
 今回は一般向けにかなり辛さを抑えて
 マイルドに作って下さったそうです。
 (※辛さは調節できます)

▷辛いっ!!!けど美味しい!!!
 口の中でビリビリとする山椒の刺激と
 自家製ラー油と唐辛子の辛み、
 食材の食感が相まった
 奥深い辛味と旨味に匙が止まらないっ!
 悶絶しながらも、
 いつも通り完食した黒沢さんでした。