その他番組で紹介した情報|とびっきり!しずおか|番組|静岡あさひテレビ

静岡朝日テレビホーム > 番組 > とびっきり!しずおか > その他番組で紹介した情報 > 2016年10月 > 森三中・黒沢かずこ「清水港」から「興津」へサイクリング!

その他番組で紹介した情報

その他番組で紹介した情報

  • ■インデックスに掲出するコーナーロゴ画像
  • ■インデックスに掲出するテキスト
    今回は、清水港から興津までをぶらチャリ~♪

    1日500枚売れる、
    このお店でしか味わえない「〇〇」に、
    今が旬!の“しみずのぎんなん”

    森三中・黒沢かずこさんが
    興津名物を食べまくりましたよ~♪
  • ■他ページに掲出する画像

2016年10月14日紹介 [ぶらチャリ] 森三中・黒沢かずこ「清水港」から「興津」へサイクリング!

▽前回は“電動自転車”ということを
 スタッフが誰も教えてくれず、
 必死で重たいペダル漕いでいた黒沢さん。

 今回は坂道なんてなんのその!
 電動フル活用で出発です!!

★【 1日〇〇枚売れる!?人気の魚屋さん 】

▽このお店にしかない!?
 あるものが大人気の魚屋さん。

 駿河湾で獲れた新鮮な魚が味わえます。

☆「揚げはんぺん」(1個/100円)

 今や興津名物!!
 骨ごとすったキスとハモのすり身を
 混ぜ合わせて作ったはんぺん。
 週末になると多くて500枚くらいは売れちゃう
 大人気の商品です。

☆「カワハギの刺し身」(1皿/1000円)

 こちらも珍しいお刺身。
 カワハギの肝とお醤油をつけて食べます。

 甘みがあって、
 身もプリプリで美味しいんです!とご主人。

▽これに食いついた黒沢さん。
 大沼さんのツケ!?で
 カワハギのお刺し身を食べちゃいました。

 お箸が無休で口に運ばれます。
 あっという間に間食です。
 本当に美味しいのが伝わってくる食べっぷり!

▼『 魚格 出口魚店
 《詳細》
  ・住所》静岡市清水区興津清見寺町97
  ・電話》054-369-0336
  ・営業時間》9:00~18:00
  ・定休日》土曜日
  ・駐車場》あり

★【 今が最盛期!しみずのぎんなん

▽現在収穫最盛期!今が旬のぎんなん
 ここ「宝之窪共選場」では、
 東京ドーム2.6個分の面積もあるイチョウ林で
 年間約28トンものぎんなんを生産!
 もちろん県内一を誇ります!!
 
 元々はみかん畑だったのですが
 栽培に不便なところをイチョウに転作したそうです。

▽季節になるとぎんなんは
 勝手に木から落ちてくるのですが
 それ以外は手作業で
 振り落として収穫するそうです。

 折角なので、黒沢さんも
 木を揺さぶって収穫してみました。

人によってはカブレることがありますので
 ご注意ください。

▽ぎんなんを美味しくいただくには
 ぎんなんの殻をとり、素揚げにし、
 軽~くお塩をかけて♪
 これがベストな食べ方のようです。

 この時期のぎんなんは
 素揚げにすると色鮮やかでホクホク!

 野菜炒めの最後の仕上げに入れたり
 カラッと揚げてビールのお供にもオススメです!

▽「香りが熱い!」

 香りが良くて、アツアツの銀杏が
 しっとりした食感で美味しい!とのことです。

 「止まらなーい!!」と
 これまた口に運び続ける黒沢さんでした。

▽お友達の椿鬼奴さんが大好きだとうので
 お土産もたくさん買って帰りしました(笑)

☆「しみずのぎんなん」(1袋50g/130円~)
 〔※JA興津 直売所にて購入できます。〕

▼『しみずのぎんなん 宝之窪共選場
 《詳細》
  ・住所》静岡市清水区八木間町1210
  ・電話》054-369-0821

★【 切り花も産地!オンシジウム

▽北川評一さん、郁子さん夫妻。
 お2人が仲睦まじく育てている花!
 
 興津は花の栽培も盛んで
 その多くはみかん畑から転作した
 農家さんなのだそうです。

☆「オンシジウム」(5~6本/250円)
 〔※「興津の朝市」(JAしみず興津支店前)にて販売〕

 オンシジウムは中南米原産のラン科の植物。
 JAしみず管内では約25万本が出荷されています。

 ある程度の湿度を好むこの花は
 山があり、川がありの興津が
 環境において非常に適しているんだとか!

▽なんと北川夫妻から黒沢さんへ
 オンシジウムの花束をプレゼント!!

 綺麗なお花をもらって
 黒沢さん、感動していました。

▼『JAしみずオンシジウム研究所
 《詳細》
  ・住所》静岡市清水区承元寺町70
  ・電話》054-369-1674

ページトップへ