静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

年次教書演説 プーチン大統領が米側諸国をけん制

2019年 02月 21日(木)

 ロシアのプーチン大統領は政策の基本方針を示す年次教書演説を行い、アメリカとその同盟国が最新兵器の標的になる可能性を示して強く牽制(けんせい)しました。  ロシア、プーチン大統領 :「米国側に我々の最新兵器の射程と速度を計算させよう。米国側は計算した後で我が国を脅すかを決めればいい」  プーチン大統領は20日、アメリカが中距離ミサイルをヨーロッパ諸国に配備するならロシアは配備した国とアメリカの双方を最新兵器の標的に据えると警告しました。また、日本との平和条約については「締結のため相互に受け入れ可能な条件を模索する用意がある」として、交渉に前向きな姿勢を示しました。

This programme includes material which is copyright of Reuters Limited and other material which is copyright of Cable News Network LP, LLLP (CNN) and which may be captioned in each text. All rights reserved.

ページトップへ