静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

津波対策先送り 東電社員「経営判断だから…」

2018年 06月 20日(水)

 福島第一原発事故を巡る東京電力旧経営陣の裁判で、東電社員が津波対策が先送りされたことについて「経営判断だから従わないといけない」と証言しました。  東電の元会長・勝俣恒久被告(78)ら3人は、第一原発が津波で浸水して爆発する可能性を予見できたのに対策を怠り、死傷者を出した罪に問われています。20日の裁判には、震災の3年前に津波の高さを試算していた東電社員が出廷しました。当時、武藤栄被告(67)らの指示で津波対策が先送りされたことについて、「経営判断だから従わないといけないと思った」と証言しました。そのうえで「時間はかかるが、いずれは対策をやると思った」と話しました。

ページの先頭へ