静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

プロジェクター落下相次ぐ 油含んだ煙で金具劣化

2019年 08月 19日(月)

 「セイコーエプソン」は天井に備え付けられたプロジェクターが落下する恐れがあるとして注意を呼び掛けるとともに無償点検を行うと発表しました。  大手精密機器メーカーのセイコーエプソンは、映像をスクリーンに投影する天井に備え付けられたプロジェクターが落下する事故が3件起きたと発表しました。原因は油を含んだ煙などによる金具の劣化です。2つの焼き肉店や住宅のダイニングキッチンで3キロ以上のプロジェクターが落下しました。いずれもけがをした人はいません。セイコーエプソンは利用者に注意を呼び掛けていて、1994年以降に製造された315機種、130万台を対象に必要に応じて無償点検を行うとしています。

ページトップへ