静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

全世代型社会保障 18日にも中間報告

2019年 12月 06日(金)

 政府は全世代型の社会保障制度の実現に向けた検討会議で、高齢者の負担を伴う医療改革が焦点となる中間報告を18日にも取りまとめる方針を決定しました。  少子高齢化に伴い医療費の増加が見込まれることから、中間報告にはこれから75歳になる人の病院での窓口負担を原則、1割から2割に引き上げる方向性を示す方針です。ただ、与党内には患者の負担が増えることへの反対論が根強くあることから、低所得者への負担軽減策も併せて盛り込むことにしています。政府は来年の夏までに最終報告を取りまとめたい考えです。

ページトップへ