静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

自民県議の政務活動費巡り住民監査請求

2017年 09月 14日(木)

県議会最大会派・自民改革会議に所属する県議2人の政務活動費に、不適切な支出があったとして、返還を求める住民監査請求が行われた。住民監査請求を受けたのは、自民改革会議の浜松市西区選出の鈴木洋佑県議と、下田市・賀茂郡選出の森竹治郎県議の2人。請求によると、鈴木県議は昨年度、政務活動費から事務所の職員に月に十数万円を支払っていたが、この職員の業務内容に政務活動ではない後援会活動などが含まれていたという。鈴木県議は「認識が不足していた部分があった。指摘されたところは是正して返還したい」としている。一方、森県議は、昨年度の人件費120万円などに不適切な支出があると指摘されたが、「見解の相違で不適切なものはない」と説明している。

ページの先頭へ