静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

“尾木ママ”も現場で献花 バス転落事故から2年

2018年 01月 14日(日)

 15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーバス転落事故から15日で2年です。ゼミの教え子を失った尾木直樹さんが献花に訪れました。  2016年1月15日、軽井沢町でスキーツアーのバスが道路脇に転落して乗客と乗員15人が死亡し、26人が重軽傷を負いました。14日午後1時半ごろ、教え子4人を亡くした尾木さんが献花台で手を合わせました。  事故で教え子を失った尾木直樹さん:「僕自身は一日も忘れたことはありませんし、4人の写真をいつも持っています。(2年経っても遺族は)何も変わらない。むしろ、悲しみが深くなっている。あれだけのずさんな運行をやっておいて、会社としての責任が問われないということはあり得ない」

ページの先頭へ