静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

友好ムード演出?再び孫娘が登場!夫人はパンダ見物

2017年 11月 10日(金)

 中国を訪れていたアメリカのトランプ大統領。9日に行われた晩餐会(ばんさんかい)では再び、孫娘のアラべラちゃんが友好ムードの演出に貢献した。  日本時間の10日午前10時すぎ、やや急ぎ足でタラップを駆け上がり、中国を後にしたトランプ大統領。日本時間の午後2時すぎ、APEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議が開かれるベトナムに到着した。だが、隣にファーストレディーの姿がない。実はメラニア夫人は北京に残り、中国のスーパースター「パンダ」を見に北京動物園を訪れていた。  メラニア大統領夫人:「中国といえばパンダ。アメリカといえばワシなの」  子どもたちにアメリカを象徴する鳥「ワシ」のぬいぐるみをプレゼントして「ありがとう、北京動物園」とサインを残した。今回、米中両国の間には友好ムードが各所にあふれていた。  トランプ大統領:「あなた方にこの歌を贈ります」  9日夜に開かれた晩餐(ばんさん)会では、会場内の大画面にトランプ大統領の孫娘・アラベラちゃんが登場。前日、故宮で習近平主席夫妻にタブレットで披露したのに続き、2度目だ。目尻が下がりっぱなしに見える習主席に、どや顔のトランプ大統領。現地メディアは「中米両首脳が新時代を導く」と両国関係が足並みをそろえていると伝えた。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017

This programme includes material which is copyright of Reuters Limited and other material which is copyright of Cable News Network LP, LLLP (CNN) and which may be captioned in each text. All rights reserved.

ページの先頭へ